コエンザイムQ10の基礎知識

コエンザイムQ10の美肌効果

コエンザイムQ10には優れた美肌効果があり、様々なサプリメントや化粧品に応用されています。しかし、コエンザイムQ10がなんとなく肌に良いことが分かっていても、具体的な働きは知らないという方も多いのではないでしょうか?
そこでこちらでは、コエンザイムQ10の持つ美肌効果について、具体的な作用を深く掘り下げていきたいと思います。

加齢に伴う肌トラブルのほとんどは「乾燥」が原因

シミやシワなど、加齢に伴う肌トラブルのほとんどは肌の乾燥が原因です。
実際に若い頃と比べ、脂っぽさがなくなり肌表面がカサカサとするようになったと感じる女性はたくさんいます。では、なぜ年齢を重ねると肌が乾燥しやすくなってしまうのでしょうか?

それは、年齢を重ねるごとに「コラーゲン」や「セラミド」といった肌の潤い成分が著しく減少してしまうためです。特にコラーゲンは肌の奥深く、真皮と呼ばれる層に存在しているため、化粧水や美容液で補うことがとても難しく、肌を乾燥させる大きな原因となってしまいます。コラゲーン含有の基礎化粧品はたくさん市販されていますが、肌の表面のみに留まり肝心な真皮層まで届かない製品もたくさんあるのです。

コエンザイムQ10で肌の外側と内側から潤いチャージ

上記の理由から、コラーゲンの減少による感想を防ぐためには、体の内側からコラーゲンの生成を促してあげることが重要です。コエンザイムQ10には優れた細胞活性作用があるため、衰えはじめたコラーゲン生成機能を回復する効果が期待できます。
コエンザイムQ10は基礎化粧品に含有されていることも多いのですが、サプリメントとして摂取することで肌の内側と外側、ダブルの潤い効果を得ることができます。また、肌の乾燥は若い女性にとっても肌トラブルを引き起こす原因になりますので、年齢問わず積極的に摂取したい成分です。

優れた抗酸化作用で老化そのものを防ぐ

肌だけではなく、全身のありとあらゆる部位の老化は「細胞の酸化」が大きな原因です。そのため体の老化現象に抗うためには細胞の酸化を抑制することが重要になります。そこで活躍してくれるのが「抗酸化物質」です。ビタミンEやポリフェノールが有名ですが、コエンザイムQ10もまた優れた抗酸化作用を持っています。これにより潤いを補いつつ細胞の酸化を防ぐことで、肌のアンチエイジングに大いに役立てることができます。

ページのトップへ戻る